蟹通販ブログ9

店舗選びが肝心

蟹茹で

漁ができる時期に制限があるから、ズワイガニの季節は、通常は冬で、季節としても贈り物にしたり、おせちの種として使われていると思われます。わざわざ出かけず、蟹を通販で手に入れる人も増えているようです。ズワイガニはいいのですが、毛蟹については、ほぼ毛ガニを販売している通信販売で注文しないと、ご自宅で味わうことは無理なのです。
季節限定のうまい花咲ガニを満喫するなら、根室で水揚げされたもの、味は間違いありません。遅れたら終了になるから、その前に段取りを組んでしまうべきです。
旨みのあるタラバガニを食したいと思う時には、店舗選びが肝心だと思いますカニのボイルの仕方はコツがいるので、かに専門店の熟練の職人さんが、茹でた後のカニを楽しみたいものなのです。

獲れる時期は短い夏の期間

焼きガニ

配達後手早くテーブルに出せるほどきちんと加工された商品もあるというのも、タラバガニは通販でお取寄せする利点ともいえるのです。
北海道沿岸ではカニ資源を保護するという観点から、海域を分けて毛ガニの捕獲期間を据えているために、常時漁場を変更しながら、その極上のカニを食べる事が実現できます。
花咲ガニ、これはどんなカニと見比べても棲息している数が少ない故に、獲れる時期は短い夏の期間(7月~9月頃)に限られておりそれゆえに、旬のピークがたったのひと月ほど(9月から10月)と極端に短期間です。

タラバガニのほとんどはロシア原産

蟹刺身

日本国内で流通するタラバガニのほとんどはロシア原産で、ほとんどオホーツク海などで生きていてカニが有名な稚内港に入港したあとに、そこを基点として様々な場所へと移送されているのです。
花咲ガニの特別さは、漁場の花咲半島で非常に多く息づくあの昆布に原因があります。昆布を主食に育つ旬の花咲ガニは、特別な味わいを備えたカニなのです。
しゃぶしゃぶ料理に使用されるタラバガニとズワイガニは、外見でも分かるほど、美味しい味についても大きな違いを感じます。身に迫力を感じるタラバガニは、見とれてしまうほどで食べる時の歯ごたえも最高だと思いますが、味は少しだけ淡泊である。

ページの先頭へ